ACTRESS


Katharine Ross キャサリン・ロス

1942.1.29 ロサンジェルス、ハリウッド生まれ

1968. 「卒業」 アカデミー賞助演女優賞ノミネート。

1971. 「明日に向かって撃て!」「夕日に向かって走れ!」英国アカデミー賞最優秀女優賞受賞。

1977. 「さすらいの航海」 ゴールデン・グローブ賞助演女優賞受賞。






Don't Let Go(2001)

ドニー・ダーコ(2001)...リリアン・サーマン
私としては、彼女を見るのがすっごい久しぶりだったのだ。そりゃあ髪も白くなったし皺もふえたけど、登場した途端すぐにわかった。同じ顔です。やっぱりきれい。セラピストのサーマン先生は、放火の前歴があり 今も混沌とした精神状態にある 高校生ドニー・ダーコの治療を行っていて、唯一の理解者でもある。霊でもいそうな不気味な部屋でセラピーを行うが、そのままの彼を受け止めてくれる人。いつも彼女って傷ついた男心の"港"みたいな女性なんですね。

Home Before Dark(1997)...Rose

A Climate for Killing(1991)...Grace Hines

15年目の殺意(TV 1990)...エヴィ・ティール

夕陽のストレンジャー(1986)...ローリー

シークレット・レンズ(1982)...エイヴァ・プライス

テキサス殺人事件(TV 1981)...アン・カース・ヒル

ファイナル・カウントダウン(1980)...ローレル・スコット

レガシー(1979)...マーガレット・ウォルシュ

スウォーム(1978)...ヘレナ・アンダーソン

謎の完全殺人(TV 1978)...アリスン・シンクレア

ベッツィー(1978)...サリー・ハードマン

続・明日に向かって撃て(TV 1976)...エッタ・プレイス

さすらいの航海(1976)...ミラ・ハウザー
出てた筈なのに出てこない出てこない・・と待ち続けて、半分をかなり過ぎた頃、一目で彼女だとわかる。変わらない〜エレーンのままだ〜と感動すら覚えてる私は何なのだ(笑)。二年前に別れた幼い娘達がドイツから来たというのに、キューバが通達した上陸拒否に悩む ユダヤ人医師がわらにも縋る思いで掛合った 現地の娼婦が彼女。しかし彼女自身にもその客船に対し 抱えていた大きな問題があるというもの。出番は決して多くないけど、ハッとさせる存在感と美しさが際立っている。

殺人豚(1972)...コンスタンス・ウェーバー

潮騒(1972)

大捜査(1972)...ケート・ビンガム

愛のさざなみ(1970)

明日に向かって撃て(1969)...エッタ・プレイス
長いブルネットの髪にくっきりとしたアイメイク。「卒業」のエレーンとそんなに変わらない雰囲気で、気丈な感じはするけれどきつくはなく、清楚なすがすがしさを持っていながら 情熱的な眼差しをするキャサリン・ロス。嫌味がなくて 昔から好きな女優さん。

夕陽に向って走れ(1969)...ローラ

ヘルファイター(1968)...ティッシュ・バックマン

悪魔のくちづけ(1967)...ジェニファー・モンゴメリー

卒業(1967)...エレーン・ロビンソン
ダスティン・ホフマンが教会で絶叫する「エレーン」である。すこやかですがすがしい美しさが大好きだった。今見てもやっぱり素敵だ。ホフマンとのほとんど背の並んだツーショットが愛らしい。

歌え!ドミニク(1966)...ジャネット

シェナンドー河(1965)...アン・アンダーソン
若〜い。そうか、これがデビュー作なんですね。見た目はまるで娘なんですが、アメリカ南部の農家の長男の嫁の役。それだけに初々しい嫁。彼女が巻き込まれた悲劇は殊更強調して描かれたりはしていないが、考えるとかなり悲惨だったのではないかと思える・・。義父役ジェームズ・スチュワートと 二人だけのシーンが見所。