ACTOR


Aidan Quinn エイダン・クイン

1959.3.8 シカゴ生まれ

1986. 「サイレント・ローズ/真実の序曲」エミー賞 ミニシリーズ&スペシャル部門 主演男優賞ノミネート。




タイトル前の は、管理人主観のエイダン的満足度。 が最高。 は未見。

エレメンタリー(2012〜)...トーマス・グレッグソン
エレメンタリーとは、原作ホームズがよく口にする「初歩的なことだよ、ワトソン」から来ているそうだ。フフフ、いいね。このドラマは、シャーロック・ホームズがNYでジョーン・ワトソン(女性!)と出会い、二人三脚でNY市警 のお手伝いをするというもの。ホームズ役がジョニー・リー・ミラー、ワトソンがルーシー・リュー。基本一話完結で見やすく、話もよく出来ていて面白い。見る前は「ワトソンが女性・・?」と少なからず危惧を覚えたが、杞憂に終わった!! このワトソンがオンナオンナしてないのがいい。男女の友情というのもなんかニュアンスが違う気がする。なんていうか、男女でのブロマンスみたいな感じなんですね(笑)。二人の関係性、空気感、すっごくいい。しっかり者のワトソンは 姉みたいでもあり、ホームズはかなりのツンデレでこれがまた愛らしい。二人共ハマリ役だ。シーズン1には、モリアーティやアイリーン・アドラーが出てきたし、シーズン2を見始めたらレストレードとマイクロフトが出てきた!!エイダンが演じているのは、 NY市警のグレッグソン警部。ホームズに顧問をやってもらっていて、協力者であり理解者でもある器の大きな人物だ。ホームズが常軌を逸した回で、真正面から怒りをぶつけてきたシーン、よかったなあ・・。エイダンは昔と比べるとだいぶ 貫録が出てふくよかになったけど、今でもすごくダンディー。目とか口元とかうっとり見ちゃう。ああ、若い時の彼がどんなに美しかったか・・はああ・・。

アーミー・ロード(2012)...オーウェンズ

新・第一容疑者(2011〜12 TV)...ケビン・スウィーニー

アンノウン(2011)...もう一人のマーティン

ホワイトカラー シーズン2(2010〜11 TV ゲスト出演)...ジョージ・オズワルド教授

ジョナ・ヘックス(2010)...グラント大統領

バレット・ライン(2010)...チャーリー・ライト

サラの鍵(2010)...ウィリアム・レインズハード

ワイルド・ガール(2008)...ジェリー・ムーア

LAW & ORDER シーズン9(2007〜8 TV ゲスト出演)...ベン・ニコルソン

アフター・ザ・レイン(2007)...ジェイコブ・ライザー

フライトパニックSOS(2005 TV)...ジョン・ベリー

追憶の街エンパイア・フォールズ(2005 TV)...デヴィッド・ロビー

サード・ウォッチ シーズン6(2004〜5 TV ゲスト出演)...ジョン・ミラー

美しい人(2005)...ヘンリー
シシー・スペイセク演じる、半身不随で車椅子の夫の妻の不倫相手であり、その優秀な一人娘の教師でもある。でも不倫の背徳の匂いは全然感じさせない、恋する男のいい人オーラを発散させ、おおらかな人物像。ハンサムな顔に深い声、でも 顎の下のお肉がちょっと気になってしまい、とても美しかった彼に思いを馳せてしまった私がいた(汗)

ボビー・ジョーンズ 球聖とよばれた男(2004)...ハリー・ヴァードン

夏休みのレモネード(2002)...ジョー・オマリー
アイルランド系カトリックの子沢山の一家の父親で消防士。妻も子供達も部下も愛する大らかな男だが、息子のピートがユダヤの会堂に出入りしていることを知り、異教徒との関係に 深入りしたくないという思いでラビ一家に対して懐疑的になる。エイダンさん、体は本当にかなりたっぷりしちゃったけど、笑顔なんか最高だしカッコイイ親父ぶりだわぁ。こんな父親いたらファザコンになりそう。

エヴリン(2002)...ニック・バロン

ナイトビジョン(2001 TV)

歌追い人(2000)

ザ・ビートルズ 1976ダコタ・ハウスにて(2000 TV)...ポール・マッカートニー

ミュージック・オブ・ハート(1999)...ブライアン・シンクレア
メリル・ストリープ演じるヒロイン、バイオリン教師のロベルタの学生時代からの知り合いで、夫に捨てられた彼女と恋するルポライター。結婚という形式にとらわれながら、 かつての夫との二の足を踏むまいとするロベルタの意に添えることが出来ない、自由人の彼。大人で優しくて、激昂するロベルタに怒鳴りかえしもしない人。エイダンが演じてるせいかしら、私は とても素敵な人だと思うんですけどね、ロベルタ。おヒゲの笑顔にクラクラしちゃった。

プラクティカル・マジック(1998)...ゲイリー・ハレット
明らかにエイダン、若い頃に比べてプクッとしたよなぁ・・。ちょっとくずれたような疲れたような風情がセクシーではあるんですが、時々野暮ったく見える時あるわ。あんなにソリッドな雰囲気の 人だったのにねぇ・・。魔女姉妹の妹の方の恋人の行方を探している刑事で、姉の方と恋に落ちるのだけど、しかしブルーとグリーンだという彼の目を私も間近でのぞきこんでみたいものです。

イン ドリームス 殺意の森(1998)...ポール・クーパー
予知夢に悩まされる女性の夫で、パイロット。一人娘を失い、妻の夢により異常者に殺されたことを知る。パイロットの制服がおそろしく素敵。しかしウエスト周りのあまりの立派さには、思わずわが目を疑った。神経過敏になってしまっている妻を気遣って触れる優しい 手や唇のセクシーさにはうっとりなんですが・・あのウエスト、おお。彼が迎えた結末も、おお。サングラスしてたのがせめてもの救い。

フィオナが恋していた頃(1998)...キアラン・オデイ
脳卒中で倒れた老母が持っていた写真に若き母と一緒に写っていた自分と同じ名の男・・この男は自分の父ではないのか?シカゴに住む歴史教師の息子は両親のことを調べるために母の故郷アイルランドに向かう。その写真の男がエイダン。 救貧院からひきとられ、村人にとってはいつまでもよそ者だった農夫。あのエイダンが男っぷりの良さをうんと控えて、たっぷりと体型も豊かになり日に焼けて髪はうんと刈り上げ、まさに純朴な農夫になりきっている。その朴訥とした善良な 人柄と彼の悲恋、悲劇にもう大泣き。たっぷり体型になろうがやっぱり私はこの人に惚れてると思うに充分な、あまりに切なくて泣かせるエイダンなのです。

アサインメント(1997)...アニバル・ラミレス
一人二役のエイダン。いつものブルーの瞳で暗殺員としてCIAに育てられる海兵隊員を演じ、ブラウンの瞳にしてターゲットであるテロリストを演じ分ける。勇気ある良識人の顔とセクシーで危険、非道な顔と。 アクションシーンもキマってるし、体の線も美しい(オープニングに素晴らしいバックスタイル登場)。とてもセクシーだ。それにしても「プラクティカル・マジック」とは一年しか違わないのに、どうしてそんなに体型 変わっちゃったのかしら(^^;)謎。

コマンドメンツ(1997)...セス・ワーナー

リチャードを探して(1996)...リッチモンド
観たのですが、リッチモンド・・最後にリチャードを攻めてくるのがそうだったかなぁ・・あぁぁ、うろ覚えなので見直さなければ。見直したら書き直します。

マイケル・コリンズ(1996)...ハリー・ボーランド
アイルランドの革命軍を煽動した実在の人物マイケル・コリンズの仲間であり 盟友であったこちらも実在の人物。コリンズの右腕的存在でありながら、大統領デ・ヴァラからも頼りにされ、社会的にも恋においてもコリンズと難しい 関係になってしまうのだが、恋に関しては映画の創作かも?コリンズに向けるチャーミングな笑顔が大好きなので、仲のいい二人のシーンが一番見てて幸せ。それだけに彼の最期はちょっと悲しくて、もうそこで作品が終わった気分になってしまった。 それにしてもまた恋に報われない役。なんで〜素敵なのにぃ。

ヘンリエッタに降る星(1995 TV)...ドン・デイ
貧しい農場主。切りつめた生活で家族を養っていたが、農場に石油があると山師に言われ、可能性に懸けてみようと なけなしの金をはたいて石油採掘を始める。男としての強い 面と弱い面双方をうまく滲ませて、実直な土地の匂いのする男を骨太に見せてて魅力的。

月下の恋(1995)...デヴィッド・アッシュ
幼少の時に、双子の妹を自分のせいで亡くしたと思っていて、超心理学の教授となり、霊的現象を全く信じておらず、降霊術の嘘を見破る。霊に悩まされる女性のために古い屋敷に出向き、霊がいないことを 実証しようとするのだが・・知的で紳士的、奇妙な現象と館の若く美しい女性に徐々に心を惑わされていく素敵な教授です。どのシーンも素敵で、エイダンを見るための作品と断言しちゃいたいくらいで、特にタキシード姿にはクラクラきちゃう。

瞳が忘れない/ブリンク(1994)...ジョン・ハルストロム

フランケンシュタイン(1994)...ウォルトン船長
観たのですが、あぁ、あの最後の方をぐんと印象的に見せてくれた船長さんがエイダンだったのね。再見したいですね。そしたらまた書き直します。

レジェンド・オブ・フォール(1994)...アルフレッド・ラドロー
白人のやり方に嫌気がさして、町から離れて生活する元軍人アンソニー・ホプキンスの長男で、ブラッド・ピットとヘンリー・トーマスの兄。末弟の許婚者に恋するが、彼女は次男に恋し、 頭もよくやり手の彼は、町に出て議員になるが、父親もそんな努力家の彼を認めてはくれない。神の教えに従い真面目に生きながら愛されない長男の悲しみと苦悩を繊細に、情熱的に見せてた。 あの美しい瞳が本当に悲しげだったのが印象的。

プライベート・マター/幸せの行方(1994 TV)...ボブ・フィンクバイン

妹の恋人(1993)...ベニー・パール
事故で両親を早くに亡くし、精神を患ってる妹の面倒を一人でみてきた優しい兄。恋も出来ない自分の状況を変えるためにも、妹を施設に入れるべきか考えてた矢先、変わり者の若者が現れて妹の心をさらっていく。まるで父親のような兄の心情で苦しむ彼 なのだけれど・・。エイダンはスーツも似合うけど、ラフにシャツを着こなしてるのもすごく素敵。それから笑顔がたまりません。優しい笑顔、困惑の表情、どれもいいなぁ。最悪の時に最低のことを言ってしまうバカさ加減もなんかいい。こんな兄ちゃん欲しいよなぁ・・(笑)

トゥルー・ラブ(1992)...トム・ケイシー

ライズ・オブ・ツインズ(1991 TV)...ジェームズ・マクエワン

侍女の物語(1990)...ニック

狙われた証言(1990 TV)...サム・パクストン

わが心のボルチモア(1990)...ジュールス・ケイ
これを観てエイダン・クイン素敵だと思ったんですよね。東欧からボルチモアに移住してきた主人公の息子役。セールスマンからデパート経営に乗り出し、成功と不運に見舞われる。あの魅力的な声 と美しい瞳で、スマートで誠実な人間像をさらに魅力的に見せた。ホント素敵ないい男でね、息子がイライジャ・ウッドで、父子して凄く目が青くて綺麗なのね。あの家のママが羨ましい(笑)

クルーソー(1988)...クルーソー

張り込み(1987)...リチャード・モンゴメリー
従弟に手助けされて脱獄する凶悪犯。元恋人とコンタクトをとるだろうとFBIが踏み、地元シアトルの刑事がその元恋人を張り込む。そして実際元恋人の所に現れるのだが・・。獄中の彼を見て、あらヒゲヅラだわなんて思ってたら、間もなく綺麗に剃り落としてくれる。ツルリと現れた素顔?の まあ美しいこと。こんな色男が凶悪犯なんてハッピーエンドは観たくないぞ〜とか思い始めてしまったから困る。しかし上目遣いのすごんだ顔とか自分の血を浴びた顔がまたあまりに素敵だったので、あの終わり方も許す(何様?笑)

ミッション(1986)...フィリッポ
奴隷商人メンドーサ(デ・ニーロ)が愛していた弟なのだが、メンドーサの恋人と恋におち、苦悩するメンドーサが勢いで刺し殺してしまう。この瞬間、あぁ出番終わりなの?と一抹の寂しさが。つまり序盤で彼の出演は終わる。しかし美しいですよ〜デ・ニーロと肩くんで歩いてるシーンとか わくわくしてしまった。いやぁ、もっと見たかった・・。

サイレント・ローズ/真実への序曲(1985 TV)...マイケル・ピアソン
原題の「The Early Frost」がピッタリくる。咲き誇るバラの命を奪ってしまうもの、AIDS。しかし「真実への序曲」という邦題もなるほどと思う。ドラマは、これからが本当の戦いだというところで終わっているから。戦い前夜を描いた話だと思う。 エイダンの役は、弁護士として前途洋々だった時にAIDSと宣告され、人々の偏見と死の恐怖に打ちのめされながら、更に期待してくれている両親に隠していたゲイだということも打ち明けなければならなくなった主人公。まだAIDSが不治の恐ろしい病気で、感染を人々がとても怖がっていた時代。 彼の病気を知った人達は、彼を避けるようになり、なんと肉親までもが本能的に彼を怖がる。悪夢のように押し寄せてくる事実の数々が、彼の孤独感と絶望感を煽り続けて心の整理も出来ないまま憔悴していく姿を、エイダンはとても繊細に知的に演じていて素晴らしい。勿論彼自身もだけど、ゲイや AIDSであるということを受け入れるまで葛藤する父親や妹、理解を示す母親(ジーナ・ローランズ)や祖母の心情もきめ細やかに描き、静かな感動を呼ぶ。若いエイダンがとにかく美しい。眼鏡姿が見られたというのも嬉しいが、死に向かっていく弱っている姿で悩み葛藤するというのもあって、ツボを グイグイ押してきた。ラスト、まだ弱りきってはいない容姿のまま、厳しい戦いへと向かっていくその姿が切なく儚くて余韻を残す。

マドンナのスーザンを探して(1985)...デズ
スーザン(マドンナ)という女性の消息を探す新聞広告を載せた男の友人で、その広告に興味を持ちスーザンを追っていた主婦(ロザンナ・アークエット)をスーザンと間違えて彼女と恋に落ちちゃう映写技師 の役。セ、セ、セクシーなのです。目が美しいのはもちろんだけど、カラダもですね、フェロモンが・・。繊細さとワイルドさを併せ持ったような個性で、注目されて当然ですね。

俺たちの明日(1984)...ジョニー・ルーク