ACTOR


Brad Pitt ブラッド・ピット

本名 William Bradley Pitt

1963.12.18 オクラホマ州シャウニー生まれ

1995. 「レジェンド・オブ・フォール」ゴールデン・グローブ賞 主演男優賞ノミネート。

1995. 「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」MTVムービー・アウォード 主演男優賞受賞、トム・クルーズと ラジー賞 ワースト・スクリーン・カップル賞受賞。

1996. 「12モンキーズ」アカデミー賞 助演男優賞ノミネート、ゴールデン・グローブ賞 助演男優賞受賞。

2001. 「スナッチ」ゴールデン・サテライト賞 コメディ・ミュージカル部門 助演男優賞ノミネート。

2006. 「バベル」ゴールデン・グローブ賞 助演男優賞ノミネート。

2007. 「ジェシー・ジェームズの暗殺」ベネチア映画祭 最優秀男優賞受賞。

2008. 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」アカデミー賞、ゴールデングローブ賞 主演男優賞ノミネート。

2011. 「マネーボール」アカデミー賞、ゴールデングローブ賞 主演男優賞ノミネート。



タイトル前の は、管理人主観のブラッド的満足度。 が最高。 は未見。

マリアンヌ(2016)...マックス
いやあ、美しいですなあ。イギリス諜報部に属するカナダ人で、ドイツ将校暗殺のミッションのためカサブランカに潜入、フランスの女性スパイ(マリオン・コティヤール)と組み、恋におちる。ちょっと画像処理で顔いじってる可能性もあるけど、何着せてもうっとりする ほど似合う。確かに久々のキレイなブラピ。スパイ同士というのは、アンジーとの出会いの映画もちょっと思い出させ、でもあの時より格段にストーリーも映像もブラピ自身も美しいのが今となってはやや複雑。

トゥルー・ストーリー(2015 製作総指揮)

ヒッティング・ジ・エイベックス(2015 ナレーション、製作)

白い帽子の女(2015 製作も)...ローランド
新作の筆が進まず飲んだくれる作家の役。関係が壊れかけている妻の役は、監督・脚本も兼ねているアンジェリーナ・ジョリー・ピット。クレジットにピットが入ってるんですけどね。何しろ離婚が取り沙汰されている今、公開なもので余計な雑念が頭を占めてしまう。 ただ、ブラピはアンジーを愛しているというのは伝わります。頑張っている妻を全力で支えようとしていたことも。アンジーがここまで女性の生々しい部分を描いて演じたのも、相手役がブラピだったというのが大きいだろうとも。だからなんか複雑な鑑賞後の気分。

マネー・ショート(2015 製作も)...ベン・リカート
過去に手痛い目に遭ったらしく、現在は引退してオーガニック栽培に励んでいる伝説のトレーダー。サブプライムローンの破綻でもうける方法に気づいた若者二人に相談され、フォローする。プロデュース作品で自分は脇にまわる感じだが、 ヒゲを蓄え、神経質に目をパチパチさせる細かい演技で、静かなる男の凄みとカリスマ性も共存させている。好きですよ、こういうブラピ。PLAN Bにハズレなしになってきたのもお見事。

ある殺人者の告白(2014 製作総指揮)

ノーマル・ハート(2014 TV 製作総指揮)

グローリー 明日への行進(2014 製作総指揮)

フューリー(2014 製作総指揮も)...ドン・コリアー(ウォーダディ)
巧みな戦術と指令で、仲間の兵士達の命を守ってきた戦車乗りの軍曹。胸糞悪くなるような事態にも動じないように見えて、実は繊細な男であることが垣間見られる。この男が戦場でなければ・・と思わせる魅力も。髪を刈り上げ、泥と埃 にまみれているが、ドイツの民家でセミヌードになりスッキリと洗い清めるシーンあり。泣き言を言う新兵をはたきまくって教育するシーンがとても印象的だった。演技も映画も有無言わせぬ雄々しさ。

それでも夜は明ける(2013 製作も)...バス
ニューオーリンズの非道な地主のもとで綿花摘みをしていた黒人奴隷が出会う、カナダ出身の旅人。長髪で自由人の匂いをさせる、物語的にものすごくおいしい役だ。PLAN Bで製作に携わり、彼に初のオスカーをもたらした ということで、役者としてより圧倒的に製作者としての輝きを作品中でも感じさせる。おいしい役だけどちょっとしか出てこない脇役ですもん。今後ますます製作の方に向いちゃうかも知れませんね、演技見たいんだけど。

悪の法則(2013)...ウェストリー
麻薬ビジネスのブローカー。闇商売に加担しようとする弁護士(マイケル・ファスベンダー)に危険さを得々と語り、自身の慎重さをアピールしていたが・・。スーツにテンガロンハット、長髪となかなかオシャレ。だが・・・ これ以上は語れません。ギリギリ、ブチッ、ビシャー、ピクピク。

ワールド・ウォーZ(2013 製作も)...ジェリー・レイン
元国連職員の役。過酷な生活から足を洗い、家族第一で主夫業に精を出していたが、人間が凶暴なゾンビ化するという謎の奇病が世界中に蔓延、復帰を要請され、家族の安全と引き換えに対策探しに身を投じる。 髪が長めなので、飛行機の中の危機一髪シーンですごいことになってた・・。でもゾンビを凝視する真顔のアップが何度も出てきて、やっぱり青い目の素敵なイケメンでした(笑)

ジャッキー・コーガン(2012 製作も)...ジャッキー・コーガン
組織絡みの後始末をスマートにうまくやってのける殺し屋。殺しの信条は、優しく殺すこと。長く怯えさせたり苦しめたりはターゲットに気の毒と、ためらいなくさっさと片付ける。「セブン」のミルズ刑事や 「ファイトクラブ」のタイラー・ダーデン以来の危険な香りのするセクシーな役といわれているが、年齢を重ねた分、ある種の苦味が加わって、全く力まずに醸し出せる凄味に余裕すら感じさせる。撃ち殺す瞬間の手が美しい。

ハッピーフィート2(2011 声の出演)...オキアミのウィル
群れから抜け、進化を遂げることを決意する突然変異的オキアミ。そんな彼についてきた相棒?ビルがいて、そちらの声はマット・デイモンが担当している。二人(二匹)のやりとりがなかなか絶妙で面白い。ブラピ自身もいつもより声も高め、シーンによってはテンションもとんでもなく高め(笑) ちょっとだけ歌うが、本人が「ミュージカルは向いてない」というだけあってご愛嬌レベルというべきか。

マネーボール(2011)...ビリー・ビーン
オークランド・アスレチックスの実在の人物、GMのビリー・ビーン。選手としては鳴かず飛ばずだったため、マネージャーに転向、アスレチックス優勝に向けて前進あるのみ。苛立ちを物にぶつけ、机に足をのせ、笑顔を浮かべながらも威圧的な態度をとったり、 ポップコーンやら何やら口に放り込んではペチャペチャやり、紙コップにプッと吐き出す、お世辞にも品があるとはいえない人物だが、情熱と意志の固さは人一倍。堂々たる役作りで魅せる。特に「おお」と思ったのは、手に持った紙コップ(だったかな)のへりを爪でカチカチずっとやってるところ。 細やかな演技をする芸達者になったなあと・・。でもスーツ姿もトレーニングウェア姿もカッコイイ。役者続けて下さいよ。

ツリー・オブ・ライフ(2011 製作も)...オブライエン
息子達が力を持った人間になれるよう、厳格に威圧的に接してきた父親の役。夕食時の説教は確かに食欲を減退させる煩わしさだが、とても愛情深いし、熱心だし、ピアノやオルガンを演奏し、私の目から見れば大変魅力的な父親像なのだが・・。 とにかくブラピ本人の父性が存分に発揮されてる感じ。すごく魅力的だ。

メガマインド(2010 声の出演)...メトロマン
正義のヒーロー、メトロマンの声。聞いてすぐわかった。キャラの顔は別に全然似てないけど、表情豊かにうま〜く声をあててます。

キック・アス(2010 製作)

食べて、祈って、恋をして(2010 製作総指揮)

50歳の恋愛白書(2009 製作総指揮)

イングロリアス・バスターズ(2009)...アルド・レイン中尉
アメリカから送り込まれた対ナチ秘密部隊の隊長。アルド・アパッチというニックネームどおり、ナチの頭の皮を剥ぐという独特の殺し方をする。粗野丸出しでどう見ても賢くない男だが、そこが頭脳派ランダ大佐といい対照になっているのだろう。楽しげに演じているが、主役というほど圧倒的な存在ではない。

きみがぼくを見つけた日(2009 製作総指揮)

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008)...ベンジャミン・バトン
老人の姿で生まれ、成長と共に若返っていくベンジャミン・バトン。始まってからかなり長い間特殊メイクのじいさまだ。しかも最初は体も別人。戦後船を下りてニューオーリンズに帰ってくるあたりの風貌はレッドフォード(今の)に似ている。そして手を加えられていない現在の姿で40代を演じ、さらに若返って20代に至っては 驚くべき美青年の姿で登場する。正直彼のようなルックスの持ち主だからこそ、姿が若返るたびに胸をつかれるような驚きと言い様のない憐れみのようなものを覚えたのではないかとさえ思う。この数奇な人生を決して力まず大袈裟にせず、穏やかにピュアに 演じきったのが素晴らしい。

バーン・アフター・リーディング(2008)...チャド・フェルドハイマー
宣伝広告でも"筋肉バカ"と称されているジムの職員で、iPod中毒一人でノリノリ(^^;)徹底的に頭カラッポなくせに、拾われたCDの持ち主である元CIAアナリストから礼金をせしめようとする。憎めない人柄ながらとにかく鈍くさい役を実に楽しげにかわいく演じている。こういう笑顔見るのすごく久しぶりかも。ソフトバンクのCM以来?(笑)

ジェシー・ジェームズの暗殺(2007)...ジェシー・ジェームズ
南北戦争後のアメリカで無法の限りを働いたジェームズ兄弟の弟の方。しかし南部では信奉者も多かったものの、若い手下に自宅で暗殺される。髪も眉も黒くして、甘さを排した役作り。ゆったりと構え家族を愛して普段は穏やかだが、激昂すると手下すら止めに入るほどの非情な顔を見せる。非情な時は勿論、そこにいるだけで怖いと思わせる カリスマ性を発揮、今までにないタイプのブラッド。子供を可愛がるシーンに素の姿を連想させられ、撃たれた瞬間の演技が緊迫感バッチリ。

ラブ・ザ・ドッグ 犬依存症の女(2007 製作総指揮)

マイティ・ハート(2007 製作)

オーシャンズ13(2007)...ラスティ・ライアン
今回印象に残ってるのは、やたらと多いジョージ・クルーニーとのツーショット。怪しげなロン毛変装も出てくるけどもう見慣れた(笑)。ということでやけに絵になるジョージとのツーショット、街角に佇むだけでキマりすぎ。オーシャンズでは現場指揮ということだけど、いつもボスに寄り添う副官という印象とにかく強し。

バベル(2006)...リチャード・ジョーンズ
三人目の子供を赤ん坊のうちに失い、心に傷を負った妻に寄り添えず夫婦関係にひびが入ったため、二人きりになって関係修復を試みようとモロッコ旅行に出掛けた先で、妻が被弾、彼女を助けるために懸命な夫。ブラッドが演じる必要があるかどうかはともかくとして、弱さ懸命さをいい感じに体現していると思う。息子との国際電話で 泣き出してしまうシーンは張り詰めた思いが伝わるいいシーンになった。

ディパーテッド(2006 製作)

ハサミを持って突っ走る(2006 製作)

Mr. and Mrs. スミス (2005)...ジョン・スミス
勘を頼りに荒仕事をやってのける一匹狼の殺し屋。ところが結婚した妻も組織で重要な仕事を任される腕利きの殺し屋だった。身元がばれれば抹殺しなければならない、そんな世界の住人である二人が互いを殺しあう羽目になる。相手役はアンジェリーナ・ジョリー。賢く強いアンジーに、いいように扱われてる"カラダは大人アタマは子供" みたいなブラピがえらくカワイイ。ハードなアクションもこなすけど、実はコミカルな演技が出色。飾り気ゼロの白シャツ短パン姿もキュート。

オーシャンズ12 (2004)...ラスティ・ライアン
頭が三年前というシーンでは短髪、現在はクリリン。相変わらず食べてますが、表情がいちいちカワユイ。それをまたソダーバーグが「ブラピかわいいだろ」みたいな見せ方するんで参っちまいます。まるでプロモみたい(笑)今にも「イイダロ〜コレコレ♪」って歌い出しそうなノリ。そのくらい緊迫のシーンが殆どないんです。

トロイ(2004)...アキレス
あのギリシアの英雄アキレス。アキレウス。母である海の女神テティスが幼きアキレウスの踵の部分をつかんで不死の泉に浸けたことから、アキレス腱だけが唯一の弱点となる最強の兵士なんですが・・この映画のアキレスはまんま人間です。母は女神ではないらしい。だから本当に不死の体ではない。殺戮の天才でありながら、 あの世に送った男達をブラザーと呼び、トロイでの死の運命を覚悟しつつ彼らの元へ旅立てる日をじっと待っているような悩み深き男。ギリシアの総大将アガメムノンへの不信感は非常に強い。40歳だというのにその見事な肉体美、若さを表現するにはギリギリの、そして円熟味も加わってきたいい時期にあるのかも知れない。 とても魅力的でカリスマ性のあるアキレスになってる。主役としての存在感も強烈。

シンドバット 七つの海の伝説(2003 アニメの声)...シンドバット

フル・フロンタル(2003)...本人役
撮影中の映画「ランデヴー」の出演者、そのまんまブラッド・ピットとして登場。雑誌のカバーとしても出てくるのでそこも見逃せない。「ランデヴー」の中では刑事役なのかな。撮影シーン数回。あとはオフショットが 少し。ラフな笑顔とかキュート。ラストも見逃せないかな。CMみたいだけど(笑)

コンフェッション(2002)

オーシャンズ11(2001)...ラスティ・ライアン
ダニー・オーシャンの一番の仲間。チームの頭脳。サバサバと事を進めていたけれど、なんかよく甘いモンを食べてる男(笑)。あ、そうか、頭使うからブトウ糖補給してんのね。何気にかわいいシーンいろいろ。お気に入りは、クルーニーの横でカウンターにベターッと突っ伏してるシーン。あと胡散臭い変装シーンもあり。

スパイ・ゲーム(2001)...トム・ビショップ
ボーイスカウト上がりの軍人だったのが、CIA諜報員ミュラーにスカウトされてCIA入りした男。優秀でミュラーに気に入られるが、情報提供者に対してクールになれないため、たびたびミュラーとぶつかる。ボッコボコにされた顔も出てくるけど、大半はキュート。表情も柔らかいし。演技の方も勝手知りたる レッドフォード相手で 気負いが全く感じられないのもいい感じ。ミュラーの資料にあるポートレイトがかわいいのがまたいい感じ(笑)。

ザ・メキシカン(2001)...ジェリー・ウェルバック
ボスの車にぶつけたのがきっかけで ボスをムショにぶちこんでしまったため、組織で働くハメになり ドジばかりふんでるさえないチンピラ、ジェリーの役。なんだか見てると、とっくの昔に殺されてそうなキャラなのだが、運がいいのか本人があまり執着しないタチだからか ちゃっかり生き抜いてるという感じ。 かわいい。四捨五入すれば40の彼が、オレンジのTシャツ似合っちゃってなんだかまだ少年みたいなんである。

スナッチ(2000)...ミッキー・オニール
パイキーの素手ボクサー役。訛りがひどくてイギリス人にも聞き取れない英語(このへんは英語が達者でない私には笑うことが出来ない)、一発で相手をKOする強力なパンチ、上半身はタトゥーだらけ。だが最愛のママを乗せて炎上するトレイラーを見つめる痛々しい表情はとても美しい。とか言って、その 表情のクローズアップの前は ついつい視線が顔より下におりてしまってました(笑)

ブラッド・ピット 愛の軌跡(2000 TV)

ファイトクラブ(1999)...タイラー・ダーデン
素晴らしい鍛えた肉体。しまいには坊主頭になってしまうアブナイ ダーティーな役。しかし役柄の重さ(何しろ全米に崇拝者を持つカリスマだから)にとらわれない 演技のフットワークの軽さは何なのだろう。タイラーの口にする言葉の説得力、確かに心酔させるような魔力を孕んでいる。そして美貌と アイドル的扱いへの抵抗としての 嬉々として演じた汚れ役・・という枠はとうに超えてしまっている。大した男だわ、ブラピ。彼がどこへ向かっていこうが 興味深く愛をもって見守りたい。

マルコヴィッチの穴(1999 カメオ出演)
一瞬ですよ。チラッと画面右半分に(笑)かなりわかりやすいです。

ジョー・ブラックをよろしく(1998)...ジョー・ブラック/コーヒーショップの若者
肉体を死神にとられる前の素朴な青年と 死神になってからを微妙に演じ分けている。私は 素朴な青年の方がメチャクチャかわいくて好きなのだけど、死神も 目つきとか頷き方とかコミカルな演技もいい感じ。というより全編すごく魅力的で ブラピを見せる作品でもある。ベッドシーンでの唇のかすかな震え が・・たまらない。美しいわ、彼。

セブン・イヤーズ・イン・チベット(1997)...ハインリヒ・ハラー
実は本気で入れ込んだのはこの作品。若い女性の仕立て屋さんに裸で採寸されてる時の エッチくさい笑顔に参った。あの表情はいい。何度見てもいい(笑)。あとはダライ・ラマ少年に「イエロー・ヘッド」と髪をくしゃくしゃにされるシーンも好き。自信家で傲慢な男が、チベットで自然体のおおらかな表情に 変わっていくのが いい感じだ。ブラピの演技と表情がとても好きな作品。

デビル(1997)...ローリー・デバニー/フランシス・マクガイア(フランキー)
作品自体は、男のメロドラマという感じがしてイマイチだったのだが、エンジェルなんて似合い過ぎるコードネームを持つIRAテロリスト・ローリーはたいそう魅力的だと思う。ちょっと淋しそうな目とか笑顔とか。階段で小さな女の子と話してる背中がいいですねぇ。あったかそう。演技にもそんなに力がはいっていなくて 匙加減もうまいと思う。

スリーパーズ(1996)...マイケル・サリバン
少年院でひどい行為をした看守達への復讐のシナリオを緻密に作り上げ、ポーカーフェースで検事をしながら実は弁護側を援護する・・という難しい役どころをナイーブにクールに演じている。あまり感情を出さないし、後半のみの出演なのだけど魅力的なことに変わりない。 地下鉄の中で後ろ姿の恋人キャロルの髪にふれたいけどふれずに去るシーンが切なくて好き。

セブン(1995)...デビッド・ミルズ
短髪でわずかに口ひげをはやし、若く直情的な主人公の性格を 常に苛立っているような演技で見せる。一番のみものはやはりラストの演技。思わず息をつめて見入ってしまう。

12モンキーズ(1995)...ジェフリー・ゴインズ
ジェフリー・ゴインズがジョー・ブラックと同じ人間とは信じ難い。完全にキレててどう見ても狂人だが、こんな器用な演技を見せられることに驚嘆する。目と手振りには特に驚かされる。しかし後半のロン毛は雰囲気あって素敵だと思う。充分アブナイけど。

インタビュー・ウィズ・バンパイア(1994)...ルイ
ブラピの美しさは陽だと思うので、陰のバンパイアの役は違和感があると思っていた。でも虚ろな目が悲しげで、本当に美しくてもうオッケーになってしまった。それでもバンパイアでありながら やっぱり生のパワーが強すぎる気はするのだけど、現代も生きる 鏡にも映るバンパイア なのだもの。その位のしぶとさも当然か?でもバンパイアになる前の 自暴自棄な姿の方が更に素敵だと思うのが本音。

レジェンド・オブ・フォール(1994)...トリスタン・ラドロー
長い金髪の自然児である。甘いかわいらしい顔が 未開の地にはいっていった伝説の男の鋼のようなイメージには似つかわしくない気がするのだけど、草原をのびやかに馬を駆る姿はとても絵になる。おおらかな大地のにおいが似合う 冷酷でない異端児。血でインディアン・メーク を施して、目をぎらつかせた表情に息をのむような魅力がある。

カリフォルニア(1993)...アーリー・グレイス
穴だらけの靴下をはき、髭ぼうぼうで驚くほどきたなげだが、こわくない殺人犯である。だから余計にどうしてすぐ人を殺すのだろう・・と思わせる、殺人者の心理的背景の謎をうまく表現しているとも思う。

トゥルーロマンス(1993)...フロイド
粗大ゴミ状態のヤク中のルームメイト役で、以前見た時は「きれいな人なのにどうしてこんなきたない役やるの・・」と思ったけど、今見ると「ごろごろふらふらした姿がとてもセクシー」と思うのだから、あな恐ろしや。完全にやられましたね(笑)。

ザ・コンタクト〜取り残された戦士〜(1993)
顔に泥ついてるし、頭も砂まみれでくしゃくしゃだけど、アップの横顔なんかやっぱりハンサムさんですね。座ろうとして後ろにひっくり返ったり、イラク兵相手に言葉通じないもんだから 片言の英語で勝手なことほざいたりボディーランゲージも豊富で(地雷の説明かわい〜)見てて楽しくなるかわいさ。

クール・ワールド(1992)...フランク・ハリス

リバー・ランズ・スルー・イット(1992)...ポール・マクリーン
ものすごくキュートで美しい。特に前髪をたらした笑顔なんて あまりのかわいさに「誰がこんな笑顔を憎むことが出来よう」とか思ってしまう。途中から迫り来る死を予感して はらはらさせられるが、永遠と信じたくなるようなまぶしさを放っている。

テルマ&ルイーズ(1991)...J.D.
約15分の出番と魅惑のベッドシーンで一躍名を馳せたという作品。充分納得のかわいい顔と ただものじゃないと感じさせる輝く目、目を見張るセクシーな体。役柄のせいもあるが母性本能を刺激してくれるチャーミングな憎めないキャラ。ダイヤモンドの原石のようなブラピです。

ブラッド・ピットのヒミツのお願い(1991)...エリオット・ファウラー
眼鏡をかけた若き画家、しかも年下の恋人というとてもかわいいシチュエーション。年上の彼女に振り回され、誤解で殴られる損な役回りだけど、そんなところもかわいいったらありゃしない。しかし初登場シーンはセクシーでナイスバディです。

ジョニー・スエード(1991)...ジョニー・スエード
若くてキュートなブラピが堪能出来る。ブリーフ一枚でうろつくシーンが数回出てくるのに 驚き。明るい表情になると ほれぼれするほどまばゆくてチャーミング。それだけに落ち込んだ表情が痛々しい。

ハリウッド・アドベンチャー/3つの扉(TV 1991)...ビリー

傷だらけのランナー(1990)...ジョー・マロニー
吃驚の高校生役。陸上の花形で優等生。教護院帰りの弟とは対照的な努力家だが、兄を抜く程の走りを見せた弟に対するショックは大きい。苦悩するブラピが見られる上、ベッドに横たわるセミヌードとかトラックを走る脚とか、ポイント高し。これ見てすぐ寝たら夢にまで出てきた(*^^*)

グローリー・デイズ(1990)...ウォーカー・ラブジョイ
全8回のTVシリーズだが、ビデオになって見られるのは6回分だけ。高校時代の仲良し四人組が それぞれ社会と向き合いながら生き方を探っていく青春物。ブラピ若い。大学を中退して新聞記者になるウォーカー・ラブジョイの役。いや〜ラブジョイなんて、いくらかわいいからって(笑) でもホント、キュ〜〜ッとなるようなかわいい表情とか見せてくれちゃってたまらないものがある。始めのうちは ちょっとあますぎる展開にため息も出たが、回を追うにつれてこの四人がいとおしくなってきて、結構楽しめた。硬派なルテッキ、カルいTボーン(この子が結構イイ)、 おぼっちゃまのフォピアノ・・個性的で愛すべき四人組だ。

トゥルー・ブルース(1990)...ビリー・キャントン
作品についてはジュリエット・ルイスのコーナーに。ブラッドの役はジュリエット演ずるマンディにつきまとい、彼女をくいものにするロリコンのポン引き。髭に被われた顔、声もかなり作ってる。全然綺麗でもかっこよくもなくて、でもとりわけ悪人ぽくもないワルい奴です。

処刑教室−最終章−(1989)...ドゥワイト・インガルス

ハッピー・トゥギャザー(1989)...ブライアン

31ジャンプ・ストリート(1988)...セオドア・ジョンソン(テッド)

リック(1988)...リック
黒ずくめの服と黒いマスクの下から現れたのが 真っ白の肌の目の覚めるように明るいブラピだというギャップの差は成功だと思う。しかし作品として見てると黒マスクの時の方が素敵なのである。ブラピファンとして自分が信じ難い。とても若くて可愛いけど、90年代のブラピの顔の方が 断然好きだなぁ。

レス・ザン・ゼロ(1987)
ノンクレジット。アンドリュー・マッカーシーとロバート・ダウニーJrが友人同志で、ダウニーJrがヤクに溺れていく ちょっと見ててつらい作品。ブラッドはプレッピーの集う店の入口で左から右に通り過ぎていくタンクトップの若者だったと思います。確か。

ノーマンズ・ランド(1987)...ウェイター