ACTRESS


Holly Hunter ホリー・ハンター

1958.3.20 ジョージア州生まれ

1987. 「ブロードキャスト・ニュース」アカデミー賞主演女優賞ノミネート。

1989. 「沈黙の裁き」 エミー賞 ミニシリーズ、スペシャル部門 主演女優賞受賞。

1993. 「しゃべりすぎた女」 エミー賞 ミニシリーズ、スペシャル部門主演女優賞受賞。

1994. 「ピアノ・レッスン」アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞受賞。

1994. 「ザ・ファーム」 アカデミー賞 助演女優賞ノミネート。

1999. 「マンハッタンで抱きしめて」アメリカン・コメディ・アウォード 主演女優賞ノミネート。

2001. 「オー・ブラザー!」ゴールデン・サテライト賞コメディ、ミュージカル部門 助演女優賞ノミネート。

2003. 「サーティーン」アカデミー賞、ゴールデングローブ賞助演女優賞ノミネート。



タイトル前の は、管理人主観のホリー的満足度。 が最高。 は未見。


バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生(2016)...フィンチ上院議員
実に久しぶりのホリーでした。だから顔を見て、さすがにかなり年齢を感じさせるようになったな・・と思い、小柄でかわいくて頑張り屋のイメージから少し変わった気がしたけど、強気な持ち味は健在。 生意気小僧のレックス・ルーサー(ジェシー・アイゼンバーグ)の挑発をかわしつつ、最後はまんまと・・という役でした。

ボニー&クライド(2013 TV)...エマ・パーカー

トップ・オブ・ザ・レイク(2013)...GJ

ウォント・バック・ダウン(2012)...エヴリン

女捜査官グレイス(2007〜 製作も)...グレイス・ハナダルコ

美しい人(2005)...ソニア
諍いの多い恋人と友人宅を訪れ、そこでの会話で自分の中絶に関する恋人の自分勝手な本音を聞き、怒りの感情を抑えられなくなる女性ソニア。明るく開けっぴろげの魅力を発散、気難しい恋人をよく我慢しているように 見えるのだけど・・。小柄で相変わらずのチャーミングさ、サンダルを脱いで裸足で踊りだしたり、ペタペタと床を歩く仕草もかわいい。

ビッグホワイト(2005)...マーガレット

カレの嘘と彼女のヒミツ(2004)...バーブ

Mr.インクレディブル(2004 声)...ヘレン・パー
体が自由自在に伸縮するイラスティ・ガール。しかしスーパーヒーロー業を引退して三人の子供の母となった彼女は、現役時代にも増して強くなっている・・夫と対等に渡り合い、時に夫より気丈で頼りになる感じが時に畳み掛けるように喋ることで よくマッチしている。日本語吹替えは黒木瞳で、ホリーとはかなり雰囲気が違うもののそちらも悪くない。

サーティーン(2003 製作総指揮も)...メラニー・フリーランド
素直だった13歳の娘が突然反抗的になり、どう向き合えばいいか戸惑い苦しむシングルマザー。盗みやドラッグ、ボディピアスにリストカットも隠れてやっていたことを知り、強い衝撃を受けながらも娘を懸命に受けとめる。 娘の友達に「お姉さんみたい」と言われるほど、一見若々しい母親だけど、よく見れば年齢や苦労が滲み出てる、そんな役を真摯に演じ、いつもの持ち味ながらその一生懸命さが涙を誘う。こんなに一生懸命が似合う女優を 他に知らないかも。

最高の人生(2003)...アデル・イーズレー

カンヌ 愛と欲望の都(2002)

ムーンライト・マイル(2002)...モナ・キャンプ

デブラ・ウィンガーを探して(2002)
仕事と家庭を見事両立させている女優として堂々登場。サバサバッとしてるけど適度に女性らしい肩の力の抜けた余裕がなんか凄い。40代にはいったことでの難しさを充分承知していながら、これからが 女優として最も脂ののった時期・・と攻めの姿勢を見せる、そこがもう"勝ち"なんだな・・と思わされた。彼女の今後はとても楽しみです。

オー・ブラザー!(2000)...ペニー・マクギール
ジョージ・クルーニーの奥様役。刑務所にはいったダンナをあきらめて七人の娘を連れて再婚予定。小柄でこんなに子持ちなの〜って吃驚。口論になり食い下がるクルーニーに「怒るわよ!」ってキバむくのがカワイイ。

タイムコード(2000)...レネー・フィッシュバイン

アメリカン・ジャスティス(2000 TV)...ルビー・キンケイド

美しき家政婦/ウーマン・ウォンテッド(1999)...エマ・ライリー

彼女を見ればわかること(1999)...レベッカ
やっぱり彼女が好きだなぁ。五話からなるオムニバスの第二話のヒロイン。銀行の支店長で多くの男性の部下を使う身であるレベッカは独身で不倫中。男と肩を並べてバリバリと働く彼女も、女性にしか起こらない問題に直面、本人もわかっているように選択の余地さえ残されてなく、 すぐに決断、実行に移す。そのことを知っている人はごくわずかの関係者だけ、彼女の胸の内に飛来した思いは彼女だけの秘密となり封印される。飾り気のないショートカットで、一つ一つのシーンをオーバーにならずリアルに演じていく、短いながら見応えのあるものになっている。

マンハッタンで抱きしめて(1999)...ジュディス・ムーア(ジュディ)

普通じゃない(1997)...オライリー
「ピアノ・レッスン」のイメージを大事にしていると「あのホリー・ハンターが・・」になってしまいそう。ブロンドでミニの似合うセクシーで元気なお姉さんです。車に轢かれるわ、崖から落とされるわ、顔面にパンチくらうわ、もう血だらけ傷だらけで ちょっとひどすぎるんでな〜い?と思う傷めつけられよう。これで天使か・・(^^;)。キュートな容姿でタフ・・がウリになるのでしょうか。ハードボイルドとかやるのかな。あの演技力ですからそのうち新境地開きそうな気もしてますが。

クラッシュ(1996)...ヘレン・レミントン

ホーム・フォー・ザ・ホリデイ(1995)...クローディア・ラーソン(クライド)
16歳の娘のママの役としては、とてもかわいいホリー・ハンター。コメディエンヌとしても さっぱりかわいく嫌味がなくてチャーミング。

コピーキャット(1995)...M.J.モナハン
大柄で強そうなイメージのあるシガニー・ウィーバーとの対比で、小柄な彼女の個性がよく生きている。頭も切れてテキパキと行動的で、サバサバしてて嫌味がない。作品の陰鬱な内容を 刑事役の彼女が救ってる感じもする。腰につけた警察バッジがかっこいい。

ザ・ファーム−法律事務所(1993)...タミー・ヘンフィル
法律事務所で変死を遂げた弁護士について探りを入れたために殺害された探偵の秘書で、後にミッチの片腕となる女性。カツラみたいなクルクルの髪(ひょっとしてカツラ?)とミニスカがキュート。行動力と頭のキレが魅力。ホリーって賢くてかわいげのある女がよく似合う。

しゃべりすぎた女(TV 1993)...ワンダ・ホロウェイ

ピアノ・レッスン(1993)...エイダ・マクグラス
失礼かも知れないけど、顔はセサミストリートのビッグバードを思い出させる 特に美人という顔ではないと思う。しかし「ピアノ・レッスン」で見せた演技は 静謐な中に激しさを秘めたエイダという女性そのものを息づかせた凄い演技だと思う。 彼女でなかったらこの作品は 違った色合いになってしまったかも知れない・・と思わせるほどの適役というか、彼女しかいないというか。

愛を奏でて(TV 1992)...ジョージー・シモンズ

ワンス・アラウンド(1990)...レナータ・ベラ

オールウェイズ(1989)...ドリンダ・ダーストン
空から山火事の消火活動にあたるチームの管制官。自身も飛ぶことができる。煤にまみれた男だらけの職場で普段はあまり色気を感じさせないけど、天才パイロットと長いつきあいで、その彼が死んでしまって・・という役。とにかくカワイイ。私がこれまで見た中で もしかしたら一番カワイイかも知れない。笑顔が輝いている。突然めんどりのようになる(爆)気の強さもカワイイ。

恋のランゲージ(1989)...コラール・グレーブル

沈黙の裁き(TV 1989)...エレン・ラッセル/ジェーン・ドゥ

ミス・ファイヤークラッカー(1989)...カーネル・スコット
幼い頃に孤児となり、裕福な叔母にひきとられた娘。町のミス(ミス・ファイヤークラッカー)に選ばれた従姉に憧れ、彼女もミスコンに挑戦する。髪を真っ赤に染め、ドキドキして大騒ぎしながらの出場、なんとしても優勝したいという夢にかじりついて彼女は奮闘する。 小柄ながら溢れんばかりのパワー、泣きながらでも頑張るその姿は好感度高いけど、作品はコミカルながらやや痛すぎる。ミスコンにかける彼女の心にある純粋な思いをもっと柔らかく感じたかった。

赤ちゃん泥棒(1987)...エドウィナ・マクドナウ

ハロー・マイ・トレイン(1987)...シャーロット

ブロードキャスト・ニュース...ジェーン・クレイグ(1987)
まだいくらか頬がふっくらしてて、初め見た時は別人みたいだと思った。でもエネルギッシュな役をバイタリティーあふれる演技で熱演し、その上 恋心に気づいてガラにもなく落ち着きを失うあたりの芝居が かわいい。ウイリアム・ハートを完全にくってる。

ルイジアナの夜明け(TV 1987)...キャンディ・マーシャル
あの「ブリキの太鼓」のシュレンドルフ監督の作品。白人の農夫が黒人に射殺され、地主の姪と黒人の老人達がかばう話。保守的な土地で、被害者の白人一家は色めきたつが、大学生の弟が反対、一家の復讐を思いとどまらせる。リチャード・ウィドマーク扮する保安官も よくわかってる人なのだが、罪は罪と かばいだてする黒人達を容赦しない。でも一致団結するこの老人達の気概が暖かく力強い。目立って大きなことをしなくても 日々こつこつと地道に生きていく力の素晴らしさを感じる。ホリーは彼らをかばう地主の姪。小さな体で頭がよく、一本気。 かわいいです。ハンパでなく気が強いのにヒステリックにならない不思議な情感をフッと感じさせるのが彼女の魅力。やっぱいいなぁ。

ブラッドシンプル/ザ・スリラー(1984 声)...ヘレン・トレンド
この作品は観てるんだけど、彼女の声というのをしっかり確認していないので。店のオーナーの部屋に外から声かける女性がいたように思うのだけど・・自信ない。

スイング・シフト(1984)...ジーニー

スウェンガリの魔力(TV 1983)...レスリー

バーニング(1981)...ソフィー