ACTOR


Jeffrey Donovan ジェフリー・ドノヴァン

1968.5.11 アメリカ、マサチューセッツ州生まれ



タイトル前の は、管理人主観のジェフリー的満足度。 が最高。 は未見。

ハーモニー・オブ・ザ・デッド(2015)...ジャック

FARGO 2(2015 TV)...ドッド・ゲアハルト

ボーダーライン(2015)...スティーヴ・フォーシンク

J.エドガー(2011)...ロバート・ケネディ
司法局長官だった頃のロバート・ケネディ。極秘ファイルをちらつかせるフーバーの脅迫相手の一人として出てくる。したがって登場シーンは少ないが、あのボビーなのでインパクトはある。髪型を変えてるし、チャーミングな笑顔もゼロ。ま、しょうがないですね。

ボーン・ノーティス(2008)...ポール

 バーン・ノーティス 元スパイの逆襲(2007〜13 TV 時々監督も)...マイケル・ウェスティン
沢山の危険な任務をこなしてきたスパイだったのに突然の解雇通告。自分を陥れたのは誰か探りながら、故郷のマイアミで元IRAの女戦士だった元カノやFBIにコネのある調子のいい相棒と共に、身近な事件をスパイ流儀で片付けていく。笑顔がめちゃくちゃチャーミング。 それでもって脱ぐとすごい。ものすごく鍛えられたカラダをしている!!ドラマ自体コミカルだけど手際が良くて面白い。吹替えが栗貫なんだよね・・ルパンぽい・・ということは故・山田康雄ぽいということで、イーストウッドの吹替えにやや通じるところもあるわけで興味深い。 でも声が本質的に違う気がしてその違和感にはなかなか慣れない。

(シーズン7まで見終えて)
最終シーズンは特にマイケルの笑顔が殆ど見られなくなって、シリアスでつらい顔してることが多いので、最初の頃のお気楽スパイお助け稼業の頃が懐かしいくらいで、随分遠くに来ちゃったなぁ・・という印象。でも基本、舞台はマイアミだし、レギュラー陣の結束が固くて よかった。いや、最初からだけど、フィオナとサムがすごくいいんですよね、途中参加のジェシーもいいし、ママさんとかみんなキャラが立ってて最後まで愛が持続した。ジェシーのハートがピーンチ!とかフィオナの人生がピーンチ!とかサムの命がピーンチ!とか、シーズン毎に あったけれど、ネイトとかママさんとか結局はマイケルの家族が一番大きな犠牲を払ったのは、「マイケルお前」ってやりきれない思いが残る。まあマイケル本人も人格のピーンチ!に翻弄され、みんなに助けられて迎えたラストなわけだけど。長く続いたので着地が大変だったと 思うが、その割にきれいに決められたとも思う。

チェンジリング(2008)...J.J.ジョーンズ警部
イーストウッドの俳優を見る目というのを私は信じている。オスカーノミネートのアンジェリーナ・ジョリーも素晴らしかったが、その彼女を追い詰めていく警部を演じていたのが彼。初見。"私は市民の味方"と語る笑顔、たたみかけるような物言い、キレのいい所作、 不敵なほどの面構え、よかったですね〜J.J.ジョーンズ警部は。きっかけはこの作品!!

恋愛依存症(2006)...キャル・パーセル

スレッシュホールド The Last Plan...(2005〜6)...ジュリアン・スローン医師

最後の恋のはじめ方(2005)...ヴァンス・マンソン
ビシッと上等なスーツを着こんでエグゼクティブな雰囲気を漂わせているが、デート・コンサルタント(ウィル・スミス)を恋ではなく肉体関係だけのために利用しようとする、はっきり言って悪役。出番もさして多くはなく、コメディらしいぶざまなシーンがもれなく見られる。 でもスーツの着こなしだけはスマートなんですよねぇ。

CSI: マイアミ3(2004〜5 TV)...トッド・ケンドリック

タッチング・イーヴル 闇を追う捜査官(2004 TV)...デヴィッド・クリーガン

ジ・イノベーター 革新者(2002)...ロバート・ジェニングス

ブレアウィッチ2(2000)...ジェフ・パターソン

ワイルド・チェイス(2002)...ジュリオ

スリーパーズ(1996)...ヘンリー・アディソン
再見して確認しました。少年院で主人公達を虐待した四人の看守の一人。中心になってるのはケヴィン・ベーコンで、その取り巻きの中ではそんなに印象深い登場の仕方はしていない。でも末路は壮絶だし、夜勤について口だけの文句を言う声はまさしく彼。若いですね〜顔も。