ACTRESS


Halle Berry ハル・ベリー

1968.8.14 アメリカ、クリーヴランド生まれ

本名 Halle Maria Berry

2000. 「Introducing Dorothy Dandridge」ゴールデン・グローブ賞 TV部門 最優秀主演女優賞受賞、エミー賞ミニシリーズ部門 最優秀主演女優賞受賞。

2001. 「X-MEN」MTVムービーアウォード ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マースデン、アンナ・パキンとベスト・スクリーン・チーム賞ノミネート。

2002. 「チョコレート」アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞。ゴールデン・グローブ賞 ドラマ部門 主演女優賞ノミネート。ナショナル・ボード・オブ・レビュー 最優秀主演女優賞受賞。

2010. 「フランキー&アリス」ゴールデン・グローブ賞 ドラマ部門 主演女優賞ノミネート。



タイトル前の は、管理人主観のハル的満足度。 が最高。 は未見。

エクスタント(2014〜 共同製作総指揮も)...モリー・ウッズ
スピルバーグ製作総指揮のSFドラマ。ハル・ベリーだし真田広之出てるし、ということでシーズン1最後まで見た。人類の未来の子孫は、宇宙生物との混血なのかヒューマニック・アンドロイドなのか?という感じ?回収されてない伏線だらけで、シーズン2を見ないわけにはいかないが、放送来年て(^^;)内容的にはアンドロイドのイーサンが みんな持ってった。どんどんかわいくなるし、感情移入させてくれるし、最終回のイーサンときたら(;_;)ピアース・ガニォン君、演技がとてもうまいです。さて、ハルですが、やっぱり美しいし、ふと見せる表情に引き込まれそうになる。短髪もよく似合ってます。

X-MEN フューチャー&パスト(2014)...ストーム
すっかり貫録のストーム。目が白くなるだけで嬉しい(笑)。ちゃんとパワー発揮のかっこいい戦闘シーンがあるが、見たくないシーンもある・・。でも貫録です。姿見せただけで安定。シリーズ1から好きだったのでね、ストーム。

ザ・コール(2013)...ジョーダン・ターナー
緊急通報指令室911のオペレーターで、ミスにより通報者の少女に最悪な結果をもたらしてしまったショックで現場を離れていたが、若いオペレーターのSOSに急遽代わりを務めることに。作品の一番面白い部分では、ずっとイヤホンマイクをつけてPC前。でも矢継ぎ早な指示、迅速な対応、過去とリンクする焦りと落胆、絶妙な力加減での 演技が光る。加えて少し痩せただろうか?もともと素晴らしいプロポーションなのに更に引き締まって、前よりも美しくなった気がする。後半は動きが出てくるが、違った意味でまたハラハラ。

ムービー43(2013)...エミリー
デートした相手とTruth and Dareというゲームに興じる女性。どちらも譲らず、ゲームはエスカレートするばかり、果ては人生後悔しそうな結末に・・というもの。「クラウドアトラス」見た後なので、このくらいの変身は彼女としてはどうってことないかも。でもやっぱりチャレンジングな女優です、あっぱれ(笑)

クラウド アトラス(2012)...マオリ族の女性、ジョカスタ・エアズ、ルイサ・レイ、インド女性客、闇医者オビット、メロニム
七変化ならぬ六変化。マオリ族の女性は顔が印象的にクローズアップされるので、すぐハルだとわかる。ジョカスタ・エアズは大作曲家の妻でドイツ人。メイク凄くて表情も硬いのでぱっと見だとちょっとわからないほどだ。ジャーナリストのルイサ・レイが一番素顔に近い。このパートでの主人公なので、彼女中心に話が進む。インド女性客は・・ 再見しないとダメです(笑)記憶にない(^^;)。闇医者オビットは、声でかろうじて気づくことが出来た。でもメイクはホントすごくてハルの変身ではたぶん一番笑える。メロニムは進んだ文化を持った未来人だが、ぴったりしたボディスーツに身を包み、こういうのはよく似合うし美しい。ルイサだったかメロニムだったか(どっちかうろ覚えなんて^^;) 彼女の笑顔に「チョコレート」ラストシーンの名演技を彷彿させるものがあったことを最後に付け加えておきたい。

ダーク・タイド(2011)...ケイト

ニューイヤーズ・イブ(2011)...エイミー看護士
大晦日にも病院に詰め、死期の極めて近い末期ガン患者(ロバート・デニーロ)に優しく付き添う看護士。ベリーショートなので、看護士の服装だととてもボーイッシュなのだが、新年を迎えるためにピンクのドレスに着替えると、驚くほど見栄えがする。さすが女優と唸った。美しいしセクシーだし・・ただドレスを着ただけなのに。 いや、それだけじゃない秘密があるんだろうな・・。

フランキー&アリス(2010 製作も)...フランキー
記憶障害や問題行動の多さゆえに、精神科医の治療を受けることになった実在の黒人女性の役。熱心な医師の治療により、解離性同一性障害とわかるのだが、別の人格出現の理由が大層悲しい。複数の人格を表現する演技の巧みさもさることながら、美しさ、若々しさ、体当たりの熱演ぶり、彼女の代表作の一本としたい魅力にあふれている。 なんというか、女優力の高い女優だなと改めて思わされた。ジャングルブギは最高です。

悲しみが乾くまで(2008)...オードリー・バーク
夫が喧嘩の仲裁で射殺され、子供二人と残されてショックから立ち直れない女性。夫の親友でヘロイン中毒の男に手を差し伸べ、彼女の中でさまざまな変化が訪れる。「チョコレート」以来、久しぶりの"内面重視"の女性の役という気がする。実生活でも母親になったし、真摯な役をきちんと演じる姿にやはりどこかホッと させられるものがあった。化粧も殆どしていない素朴な姿も美しい。

パーフェクト・ストレンジャー(2007)...ロウィーナ・プライス
幼馴染の友人が惨殺され、その一週間前に友人から不倫関係にあった会社社長を脅している話を聞いていたため、この社長に接近する新聞記者の役。相変わらず美しくセクシーですが、役柄のせいもあって演技がわりと淡白というか、どうも今一つピンとこなかった。ゆえにせっかく主演だというのに 満足感薄いんだなぁ・・残念です。

X-MEN ファイナル・ディシジョン(2006)...ストーム(オロロ・マンロー)
髪を更に切ったストーム、思えばこのシリーズで一番の出世頭なのではないだろうか?一作毎に扱いも出番も大きくなり、遂に名前が二番目になった。かっこいいですねぇ、あの白目。それにしてもアクションシーンでぶん投げられるわガラスに顔面ぶつけられるわ、いつも思うけどこんなシーンをよく嫌がらずに やってくれるな・・と彼女には感心させられる。そんなところがまた好きなんですよね。

ロボッツ(2005 声の出演)...キャピィー
ロボット・シティのビッグウェルド・インダストリーズの重役の一人で、見事にアップデートされた容姿と運動能力、知性を持つエリートロボ。主人公ロドニーに協力する心あるロボットで、その働きは鮮やかなものの、その声がハルであるという印象度はそれほど強くない・・かも。スマートだけどはじけた 役じゃないというのもある・・かも。煮え切らない私(笑)

彼らの目は神を見ていた(2005)...ジェイニー・スタークス

ブルース・イン・ニューヨーク(2005 TV 製作総指揮)

キャットウーマン(2004)...ペイシェンス・フィリップス
すごいわ、オスカー女優がこんなことを?と思うような役が続いてます。勤めている化粧品会社の新商品の副作用を知ってしまったため、会社に殺されたが、不思議な力を持つエジプトの猫によってキャットウーマンとして生まれ変わる女性。廃水まみれになるあたりのシーンがすごい。 うはぁ、今回もやってんなぁ・・と思うような(笑)。でも冴えないペイシェンス時代もキュート、イカしたペイシェンスも自然、キャットウーマンはセクシーで美しく毒も十分にあり、とても魅力的なのでこんな役でもったいないとは決して思わせない。賞向き演技力発揮にこだわらないところが しなやかで素敵かも。

ゴシカ(2003)...ミランダ・グレイ
女囚の精神病棟でセラピーにあたっている犯罪心理学者で、夫がその院長なのだが、雨の中傷だらけの少女を見て意識を失って目覚めたら、自分が夫殺しの罪で収監されていたという役。外から見ていた人間が内側で見られる立場になる・・正直このあたりの逆転のスリルはあまり伝わってこない。ただ恐怖に慄きながら理性的になろうと、 ひたすら行動に出る積極性はハンパじゃない。投薬されてる筈なのに、どうしてこんなに動ける?オスカー女優がここまでやるかと思うような、いろんなシーンを頑張ってます。これじゃ怪我するよね・・

X-MEN2(2003)...ストーム(オロロ・マンロー)
今作では髪型が変わり、ファッションも随分オシャレになってど〜んと前面に出てきた感じのストーム。「ハル・ベリーのストームよ」って匂いがしちゃってるよ。とはいえ、実は前作で一番のお気に入りキャラだったのが彼女なのだ。眉を寄せた時の 表情がコミックに近いんですよね、これはメイクのせいなのかハルの美しい表情のせいなのか。そして彼女だけマントを着用していることと、あの白目。今回は怒りやピンチで白目になるサイキックなシーンはなかったなぁ。そこがたまらんのに。 クールに白目になってましたが、でもかっこいいわ。

ダイ・アナザー・デイ(2002)...ジンクス
ボンドガール。ボンドが追う男ザオを一緒に追う女性。海から水着姿を現すシーンはウルスラ・アンドレス。褐色の肌で見せるアクションシーンはグレース・ジョーンズ。撮影中はザクロを喉に詰まらせたり、ガラスの破片が目にはいったりと アクシデント続きだったようだけど、サバサバしててキュートなボンドガールぶりは、好感度高しです。彼女のための作品が一本作られるとか?走るシーンがややもたついて見えたので、それが颯爽とすればもう文句ないです。カッコイイ〜

チョコレート(2001)...レティシア・マスグローヴ
11年間も入所していた夫がついに死刑になり、残された一人息子も家も失ってしまう。愛されたことはあっても優しくされたことの殆どない女性、大切にされたことの全くない女性レティシア。なぜなら特別なものは何も持たない、貧しい黒人の女性だから。そんな女が生き抜いていくには、選り好みなんて出来ない、つらくても悲しくても 前を向いて生きていくしかない そんなつらさと悲しさが彼女のしなやかな演技を通して見えてくる。そのしなやかさはもしかしたらちょっと(レティシアには)違うかも、とも思った。でもラストの無言なのに言葉よりも雄弁な表情が、見た目じゃない彼女自身のレティシアの心を見せてくれた。

ソードフィッシュ(2001)...ジンジャー
悪党トラボルタの傍らにいて、天才ハッカー・スタンリーを誘いにくる謎の女ジンジャー。スタイル抜群のボディをボディコンで包み、更に下着姿・トップレスも見せるサービスぶり。小悪魔的でキュートだけど もう少し危険な匂いも欲しかったかも。

X-メン(2000)...ストーム(オロロ・マンロー)
天候を自在に操作出来るミュータントの役。白い長い髪、ミュータントパワーを発揮する時は その瞳も真っ白になる。風を巻き起こしたり、霧を出すのなんかはそんなにスゴイ!とか思わないんだけど、雷を呼ぶ時はもう文句なしにかっこいい。戦闘能力はそんなに高くはないが、ピンチに見舞われて 電撃女と化すあたり、サイキック系でツボな美女だ〜。

アカデミー 栄光と悲劇(1999 TV 製作総指揮も)

Introducing Dorothy Dandridge(1999 TV)...Drothy Dandridge

ブルワース(1998)...ニーナ
再選挙前の上院議員ブルワースが、黒人の多く集まる教会での演説で出会った謎の黒人美女。仲間と選挙のボランティアをするうち、ブルワースと親しくなる。セクシーさ、美しさ、陰のある謎めいた雰囲気、そして演技にもハル・ベリーらしさというのがもう漂っている感じがする。クラブで踊るシーンがかなり奔放で楽しい。相手役 ウォーレン・ビーティーも頑張って踊ってるし(笑)

ビューティフル・ウェディング(1998 TV)...シェルビー・コールズ

ホワイ・ドゥ・フールズ・フォール・イン・ラブ(1998)...ゾーラ・テイラー
プラターズのメンバーで後にソロで活躍する実在の歌手。この作品の主人公でタイトル曲の作者であるフランキー・ライモンの恋人で、落ち目の彼を支え裏切られた女性。リバイバルヒットによる印税収入を受け取る権利を主張し、ライモンの妻だった他の二人の女性と争うことになる。私はゾーラ・テイラーという歌手のことは全く知らない のだけど、ハル演じた彼女は大変美しくそして強い。まずはその艶やかな美貌とそれに伴うオーラが目をひく。とても魅力的な女性像になっている。いいですよ、このハルは。

パップス(1997)...ニシ

エグゼクティブ・ディシジョン(1996)...ジーン
テロリストにのっとられた旅客機の客室乗務員で、潜入した対テロ部隊に協力する役。エキゾチックな容姿と抜群のスタイルの良さ、テロリストに脅える表情がなんともいえずキュート。

潜在殺意(1996)...ジョージー・ポテンツァ

レース・ザ・サン(1996)...サンドラ・ビーチャー

代理人(1995)...カイラ・リチャーズ

クイーン・オブ・エジプト(1995 TV)

フリントストーン/モダン石器時代(1994)...シャロン・ストーン

クォーターバック(1994)...オータム・ヘイリー

クイーン(1993 TV)...クイーン

パパと呼ばれて大迷惑?(1993)...キャスリーン・マーサー

ブーメラン(1992)...アンジェラ・ルイス
さっぱりしたショートカットの化粧品会社デザイン担当の社員。尽くし型のチャーミングな妹的キャラで、初めのうちはただ愛らしい。それが後半ぐんと幅のあるデキるキャラへと変貌していくのが、 やはり彼女の素質なのかな〜と思わせるところがなかなか。

ジャングル・フィーバー(1991)...ビビアン

ラスト・ボーイスカウト(1991)...コリー
フットボールに関する疑惑の証拠を握っていたため、殺されてしまうセクシーなダンサーで、探偵のブルース・ウィリスに身辺警護を依頼していた女性の役。さすがに若いけど、出番も序盤で終わる。でも セリフやアップは結構ある。