ACTRESS


Fanny Aldant ファニー・アルダン

1949.3.22 フランス ソミュール生まれ

2002. 「8人の女たち」ヨーロッパ映画賞 主演女優賞受賞。



タイトル前の は、管理人主観のアルダン的満足度。 が最高。 は未見。


パリ、ジュテーム(2006)...ファニー
リチャード・ラグラヴェネーズ監督の「ピガール」に出演。共演はボブ・ホスキンス。倦怠期の熟年夫婦が愛を取り戻そうと互いに一工夫してみるものの・・といったところでしょうか。ラストにオチがついてる。深い声、艶やかな笑顔と風格漂うビンタ(爆)、ハイヒールの脚線美と、 たった5分でも見事にファニー・アルダン。

恍惚(2003)...カトリーヌ
夫は出張が多く、一人息子は彼女を連れてくる年頃。夫の浮気を知り、娼婦マルレーヌに夫を誘惑し行動を逐一報告するよう頼む婦人科医の役。知的で美しいがやや年齢的な疲れも感じさせる表情のアップが、カトリーヌの焦りのような惨めさのような、不思議な哀れさを全て 見せてしまう。常に自分を抑えているような女性なので、マルレーヌの報告に動揺しつつ影響されて官能的な悦びをちょっぴり味わってほくそえむような場面にすごいリアリティが。さらに、開放的な気分の時に見せる笑顔のはなやかさが眩しい。

8人の女たち(2002)...ピエレット
殺された一家の主の妹で、奔放な恋多き生活を送ってきたらしい女性。兄にお金を無心したりするからか、身持ちのせいか、兄嫁との関係は最悪に近い。貫禄たっぷりの悪女ぶりで、一家の女性達が言い争って本性を剥き出しにし始めると、含み笑いしながら 見守ってるのがなんともいえず素敵。ただ一度、兄嫁の悲恋の話を聞いてた時の表情はとても優しかった。その兄嫁役ドヌーブと二人きりの絡みのシーンが濃厚で雰囲気たっぷりで見もの。そしてっハスキー な声で歌いながら黒のコートやジャケットを脱いで真っ赤なワンピースを披露、手袋をコケティッシュに弄ぶ"ショータイム"も素敵素敵。声援を送りたくなる(笑)

永遠のマリア・カラス(2002)...マリア・カラス
かつての艶やかな声を失い、全盛期の歌声をかぶせて映画を作るというカムバックを考えながらも、孤独に苛まれ続けるマリア・カラスの役。フィクションになっている。しかし歌う時の口の形や表情がカラスそっくりで、 それだけでも素晴らしい上、美しく女王のようなオーラを発揮し、その熱演ぶりには圧倒された。トスカのアリアそのままに絶望に涙するシーンも圧巻。

ウェルカム!ヘヴン(2001)...マリーナ・ダンジェロ

星降る夜のレストランテ(2000)...Madame Therbouche
レストランの女主人。客もそれぞれとても個性的で、レストランテでの食事の時間だけで人生を垣間見せてくれるので、その小さなドラマの数々から目を離せないのだけど、この美しい女主人にも一夜のドラマがあった・・。 裏方のようでいて、客に負けないくらいドラマチックな女主人が最後にしっかりと盛り上げてくれる。ヒールがこんなに似合うって素敵。

アマゾン大漂流(1999)...マリー・ラングマン

バルザック 情熱の生涯(1999 TV)...Eve Hanska

エリザベス(1998)...Mary
観たのですが・・ちゃんと覚えてなくて。「あ、ファニー・アルダンだ」ぐらいにしか思わなかったかも(汗)

リディキュール(1995)...Madame de Blayac

愛のめぐりあい(1995)...オデット

ペダル・ドゥース(1995)...イヴリン

愛の報酬/シャベール大佐の帰還(1994)...フェロー男爵夫人

百一夜(1994)

フランソワ・トリュフォー/盗まれた肖像(1993)

ナイジェリア内戦/ビアフラ最後の日(1990)

三人姉妹(1988)...ヴェリア

ラ・ファミリア(1987)...アドリアーナ

メロ(1986)...Christiane Levesque

スワンの恋(1983)

日曜日が待ち遠しい!(1982)...バルバラ
こうして見るとやっぱり若い。連続殺人の嫌疑をかけられた不動産屋のために奔走する秘書の役。素晴らしいプロポーション、トランティニャンより長身なくらいだもの。モノクロだけど、 うっとりするようなスタイルを次々披露、中世の男装の麗人スタイルや娼婦に扮するなど、目も楽しませてくれる。軽妙だけど華のある美人はそれで終わらないですね。

愛と哀しみのボレロ(1981)...ベロニク

隣の女(1981)...マチルド
ズバリ「隣の女」。幸せに暮らす一家の隣に越してきた夫婦。その奥方の方は、一家の夫のかつての恋人で、深く愛するあまり苦い別れ方をしてそれきりになっていた相手だった、というもの。 その美しさ、艶やかさが一瞬で人をとらえる感じ、好感を持たれそうな知性と感性、「まさかあの人が・・」と人の口の端にのぼるにふさわしいヒロイン像だ。そして後半は内に秘めた狂おしい情念が 痛々しいほど、しかも美しいまま迸る。なんだか既に貫禄すら感じてしまう。

護衛犬都市(1978)